前橋のキャッチフレーズは水と緑と詩の街

自然あふれる住みやすい前橋の様々な情報をご紹介します。

前橋のイベント

前橋のイベントは、1月1日のニューイヤー駅伝から始まります。この駅伝は正式名称を「実業団対抗駅伝」といい、社会人・実業団が参加する駅伝です。4月には前橋~渋川間の利根川沿いの国体道路やサイクリングロードなどを走る市民参加・市街地型フルマラソン「前橋・渋川シティマラソン」も開催され、毎年5,000人強の人が参加。9月下旬には20.8kmを走る自転車レース大会「まえばし赤城山ヒルクライム」が、11月下旬には18km・10km・6kmの3コースに分かれ、秋の前橋市内を歩くイベント「前橋ウォーキングジャンボリー」があります。

前橋の大会

2月に利根川河川敷で、赤城山からの強い季節風が吹く時期にあわせて行われる「上州空っ風凧揚げ大会」は、25.5畳の大きなサイズの凧があげられることで知られています。

4月にはエフエムぐんまと前橋中心商店街協同組合が主催する「ツナガリズム祭り」が行われますが、これはゲストを迎えての公開生放送やステージイベント、フリーマーケットが開かれる市民参加型の楽しいイベントです。 その他にも群馬のイベントを紹介しているサイトもあるのでチェックしてみるのもいいと思います。

前橋のお祭り

5月中旬~6月上旬の春咲きのばらの季節には、敷島公園ばら園で「ばら園祭り」があります。約600種7,000株のばらを見学でき、前橋で栽培されたばら苗の直売やばらガイドの会による園内案内が楽しめる他、日没から午後8時30分までの時間にはライトアップもされています。10月中旬~11月上旬には、同ばら園で「秋のバラフェスタ」も開かれます。
夏になると、6月中旬「ホタルの里」で「田口町ほたるまつり」が、8月には戦後の復興祭りとして1948年(昭和23年)に開催されたのが始まりの「前橋花火大会」が、利根川大渡橋の南北河川敷を舞台に開催。約2時間に渡り約15,000発もの花火があがる大会として人気があります。