前橋のキャッチフレーズは水と緑と詩の街

自然あふれる住みやすい前橋の様々な情報をご紹介します。

前橋の商業

人口約34万人の中核市である前橋市の商業の中心は、かつては市内千代田町2 〜 5丁目にある商店街でした。現在も、銀座二丁目通り・弁天通り・立川町大通り・竪町通り・銀座一丁目通り・銀座二丁目通り・千代田通り・中央通り・オリオン通りなど9つの商店街があります。商店街には、昔ながらの和菓子店や食堂、喫茶店・うどん屋・そば屋、パン屋・イタリア料理など食事を楽しめる店が多く、前橋市に本社を置くスズランデパートやアーツ前橋 ・前橋プラザ 元気21(1階にはスーパーのフレッセイが入店)・前橋テルサなどの施設があります。

けやきウォーク前橋

最盛期は商店街の歩行者通行量は6万人近くあり長らくの期間商業の中心でしたが、1990年代以降に出店したイトーヨーカドーやサティ(両店はのちに閉店または移転)などの大型店舗、その後は市街地周辺や郊外の大型商業店舗に移行してきているのが現状です。
2007年(平成19年)には前橋駅南東の文京町に、敷地面積94,378 平方メートルでアピタ前橋店と150の専門店やシネマコンプレックスを有する大型ショッピングモール「けやきウォーク前橋」が開店。同施設は大型駐車場を抱え食品や衣料、電化製品・書籍・銀行ATM・フードコートなどが同じ場所で揃う便利さから人気を呼んでいます。

パワーモール前橋みなみ

2009年(平成21年)にはJR両毛線・駒形駅の西方駒形バイパス沿いの小屋原町(こやはらまち)に「ガーデン前橋」「ヤマダ電機テックランド前橋南店」がオープン。上泉町(かみいずみまち)にも前橋市に本社を置くスーパーマーケットのベイシアが大型店を開店した他に、2010年(平成22年)には敷地面積7,612.68平方メートルの「パワーモール前橋みなみ」を開店しており、消費が郊外型の大型店舗に偏る傾向がさらに大きくなっています。