前橋のキャッチフレーズは水と緑と詩の街

自然あふれる住みやすい前橋の様々な情報をご紹介します。

前橋の魅力

関東最古といわれる古墳をはじめとした歴史遺産がたくさん残る前橋市は、古くは上野国(こうずけのくに)の国府が置かれ歴史の中心地として栄えてきた場所です。現在の前橋市の人口は、34万人を超え商業・工業・農業での消費や生産を増やし続け中核市としての発展を続けています。前橋市は、東京などの都心部に約1時間で行けるほどに近いことや山や温泉などが多く自然に恵まれていること、大きな災害が少なく気候もよくとても暮らしやすく子育てもしやすい街として知られています。

病院数は群馬県の中でもトップ

前橋市の医療環境は非常に恵まれており、外科や内科、歯科・泌尿器科など病院数は400弱あり群馬県の中でもトップ。前橋市民200人当たりに1人の医師数がおりこれは全国でも上位に入る数値を、病院までの距離の近さでは全国トップを示しています。前橋市国民健康保険に加入していると、がん検診や特定健診が無料、30~70歳の期間内の5年毎に成人歯科検診が無料で受けられる制度や、子供が中学を卒業するまでの医療費が実質無料になる制度が設けられています。国の基準より高い保育士の配置により保育園も多いことから待機児童ゼロの数値を更新し続けています。

日常的に自然とふれあうことができる

豊富な地下水を利用しているため水道水はミネラルが豊富で大変おいしく、水資源が豊富で日照時間が長いことから農作物の生産もさかんなため、地元産の野菜を手軽に購入することが可能で、ブランド品として生産を押し進めているおいしい豚肉の他、ばらの花などの特産物にも恵まれています。
北・東・西の三方を山に囲まれた前橋市は、市内または市内からほど近い距離に温泉が豊富に湧き出ており、街中には利根川や広瀬川が流れ街全体に緑があふれる大きな公園も点在しており、日常的に自然とふれあうことができる魅力あふれる街です。